Civil

 見つけてしまった。最強コイン。(2017年7月17日取引所にてリリース)

正直な所、最近は微妙なコインばかり。。。。 スピードを 早くした とか セキュリティをあげた とか。 『他のコインよりはいいかも』くらいで 決断を決定する材料には足りない。

あとコインの種類が多すぎる。なんで自分でしっかり調べ 将来性があるコインに賭ける。 それが自分のやり方。

『急上昇してるから』 『取引量があがってるから』 こんな理由じゃ続かない。 マジで。

自分は最近、ビジョンがはっきりしている会社と 何かに特化しているコインを選んでいる。

特徴がはっきりしているコイン(特化している)

実際のところ、 どのコインも一緒。ただその中で輝きを放つのが Musicoin Civic。

この2つ。Musicoin の場合 音楽業界に焦点を定めており、他のコインでも音楽に関係するコインを作っている会社はない。

Civic であれば ブロックチェーンを使用し主に 本人確認 を簡単にするシステムを開発している。 今の時代、銀行で口座を開くときも 飛行機に搭乗する際も 仮想通貨を取引するのにも全て本人確認が必要であり、本人確認される方は、毎度 自分の情報を記入したりと面倒臭い。それだけでなく本人確認する会社もお金が莫大にかかる。  ちなみに 『KYC』を知ってますか?

KYC= Know your Customer の略で 銀行で新規の口座を開設するときに求められる”一連の書類手続き”の事です。これは銀行が行う義務を課せられており、本人確認を怠れば、金融庁から多額の罰金を科せられるそうです。

本人確認は勿論、銀行の人間が行なっているので、 人件費や 本人確認書類を外部に漏らさないように’したりと多額の費用がかかるのです。

このKYCについて世界中の銀行が苦難を抱えているのが現状。

そこで登場したのが、、、、、、、 Civic  !!!

簡単に言いますと、 Civic というアプリケーションがありましてそのアプリにて本人確認を済ませられることができるのです。

アプリにて本人確認することによって 『利便性』 『コスト削減』 が実現されました。本人確認は今やどこに行っても必要なので、銀行だけではなく、これからの発展が期待される 『無人コンビニ』 関連など 将来性は抜群です。

システムの具体的な説明はしません。 ブログの簡潔化 そして この時代ですので 自分の目で情報を確かめ 情報を取捨選択する 事が大事だと思っているかです。

こういう情報があるんだなー程度で自分のブログを見てもらえれば結構です。
今や仮想通貨はどれを買えばいいか迷いますが 『雄一無二の存在』 これが大事です。自分の紹介したコイン(Musicoin  Civic)はどちらとも魅力的ではないでしょうか?
ビットコインとかイーサリアムとか 『一緒やん』って思っちゃいます。
ちなみにアジア圏では Civicコイン ほとんど知られてないのでアジア圏の生活時間帯には価格が下がりますが、 日本時間の深夜2時アメリカでは朝の12時くらい?)くらいからは上昇し始めます。
今日は約30万円をこのコインに投資しましたので、今後に期待!!! また経過報告あげます。 では。